熱がでてから受診までの時間について

インフルエンザAが流行しています。

熱がでてからすぐに受診される方がいますが、その場合はなかなかインフルエンザの陽性がでておりません。

身近にインフルエンザの方がいる場合、お子さんなどでマスクができずにくしゃみ・咳をしていて、それを吸った場合は比較的早期に検査で陽性がでています。

一方、インフルエンザワクチン接種をしていたり、きちんとマスクをつけて予防をしっかりしている場合は、感染しにくく、発熱も軽度の方が多いため、1回目の検査で陰性の方は翌日の来院をお願いしています。たまに37℃前後の方でも陽性の方もいます。

発熱・感冒症状がある方の受診の際は、医師の判断のもとインフルエンザ検査を行っております。

朝一は混雑しますので、できるだけネット予約を入れてその時間に来ていただくと待ち時間が少なく対応できますので、ご協力をお願いします。

糖尿病地方会参加・運動療法

インフルエンザは衰え知らずですね。

土曜日診療が終わってから、みなとみらいのパシフィコ横浜まで行って学会参加してきました。そして本日日曜日に専門医更新のための勉強会に参加してきました。

糖尿病運動療法は、以前は散歩を中心に指導していましたが、現在は散歩などの有酸素運動の他に、腹筋やダンベルを使ったレジスタンス運動を組み合わせると効果的です。また、運動する時間ですが、食後の運動はブドウ糖の代謝を高めインスリン感受性を増強するので効果的で、午後の運動の方が午前の運動よりも血糖コントロールに有効だそうです。普段仕事で忙しくて運動できない方には、日常生活で階段を使うなどできるだけ歩きましょうと指導しているNEAT(nonexercise activity thermogenesis)も有効ですので続けていきましょう。

正月明けは忘年会・新年会の食べ過ぎで体重が増えてヘモグロビンA1cが上がった方も多くいました。暖かい日の午後の食後に少し散歩をしてみましょう。寒い日は家の中で少し動きましょう。

インフルエンザ治癒証明書について

流山市医師会からの依頼で、学生の治癒証明書は税込500円で発行しております。他に保険診療での診察料等が必要です。

22日火曜日に初石の夜間休日診療所で僕が診察した方は、その旨と48時間以上体温が37℃未満であれば、当院で治癒証明書を記載しますので本人の受診をお願いします。

他院でインフルエンザと診断された方で当院での治癒証明書が欲しい方は、インフルエンザにかかっていることが証明できるもの(インフルエンザの結果もしくは薬局での処方(本人の名前と検査日もしくは処方日がわかるもの))があって、48時間以上体温が37℃未満で発病日から学校保健安全法で決められている期間を過ぎていれば本人の受診のうえ、治癒証明書を発行します。

なお診断書は当院を受診診断した方は発行しますが、他院で診断されたものの診断書発行はしません。

インフルエンザの薬

インフルエンザAが猛威を振るっていますね。テレビでも1回の内服で効くゾフルーザのことが放送されています。

インフルエンザの猛威でゾフルーザが間に合わなくなってきていると薬品会社から聞いております。

インフルエンザ患者の方には4種類の薬から希望に応じて処方しますが、ゾフルーザが近隣の薬局でなくなった場合は、タミフルやリレンザ・イナビルに変更となります。

なおラピアクタの注射は当院では行っておりません。

夜間休日診療所での勤務

本日は当番で初石にある保健センターの夜間休日診療所で勤務しました。2時間ほどですが、17名来院あり、インフルエンザAが猛威を振るっております。日曜日祝日は、100名以上の来院があってたいへんだったことが日誌でわかりました。

インフルエンザ・感冒は、咳・くしゃみでつばが飛んで飛沫感染をするので、咳・くしゃみをしている方はぜひマスクの着用をお願いします。

当院では、朝早くは混雑して待ち時間が長くなります。待合室混雑に伴い予約のない方は、受付で予約をとってもらって予約時間に再度来てもらっております。昼近くの時間や3時30分〜5時は待合室もすいておりますので都合がつく方は受診時間を検討ください。

ご協力ありがとうございます。

予約外で来られた方をネット予約枠に入れて案内することで、クリニックの狭い待合で長時間待っていただくことが改善してきました。

インフルエンザの流行に伴い、当院でも隔離室A・Bに案内したりマスクを渡したり加湿器をつけたりしてできる限り感染しないように配慮していますが、長時間待合室にいると感染する危険性も高くなりますので、ネット予約を使っていただいて待ち時間の解消にご協力をお願いします。また、この時期は、医師・看護師・受付事務はマスクをしての案内・診察となりますが、感染防止のため、ご協力をお願いします。

週明けは混雑してくると思いますが、午前中は昼前ぐらいに午後は3−5時で来院していただけると待合室が空いていて待ち時間も少なく診察できると思います。

 

土曜日は混雑しています。

土曜日受診の皆様にはご迷惑をおかけしています。

土曜日午前中は電話での問合せは行っておりません。電話はつながってもメッセージが流れて切れるように設定しています。

土曜日や休み明けは予約外で受診される方が増えてきました。

当院では、ネット予約以外に定期受診の予約も行っており、予約患者様をできるだけ待たせないようにしたいため、特に土曜日は予約外の患者様を予約の間に診察する余裕がなくなってきました。

予約外の患者様の診察予定時間がはっきりとせず長時間待たせてしまっていることがあったため、当院来院の際にネット予約の空いている枠に予約をとって、その時間に再来院してもらうようにしております。

そのためネット予約が活用できる方はできるだけネット予約をお願いします。

インフルエンザ増えましたね。

小中学校の学級閉鎖の数も増えてきました。

当院も発熱で来院される方が多く、外来がたいへん混雑してきました。

本日は、混雑に伴い多くの方にご迷惑をおかけしました。予約外の方が多く待ち時間が長くなりました。

ぜひともネット予約を活用していただければと思います。

午前の早い時間は皆さんが来院して混雑しますので、受診時間帯の調整にご協力をお願いします。

インフルエンザ予防接種は終了しました。

インフルエンザ予防接種でたくさんの方に来院して頂き、誠にありがとうございました。

希望者も少なくなり近隣の病院・クリニックでも終了しているようで、平日はぽつりぽつりの来院でしたが、12日土曜日は予約も含めて8名様の接種を行いました。ワクチン切れにより直接来院の方1名にお断りしましてご迷惑をおかけしました。

前年度の実績に応じてワクチンが供給されたため、当院でも十分な量が確保できず、キャンセルとなったワクチンを納入して行っていましたが、入荷後の返品がきかないことから、ちょうどワクチンが切れたため終了とさせて頂きます。

なお、事前予約の前金済み(1月より開始)の2組4名様はワクチンを置いておりますので予約日に来院下さい。

千葉県風しん検査

千葉県風しん検査を行っています。

今までは来院して結果を返していましたが、インフルエンザ流行に伴い、必要のない受診は控えるほうがいいと判断しました。

1月11日以降、千葉県風しん検査を受ける方で、ワクチンの必要がないと判断された方は、採血時に手数料100円(税込)を支払ってもらえれば郵送で返却します。

ただし風しんワクチンが必要な方は、こちらから電話をするので来院してもらうこととします。

3月31日までですので、風しんワクチンを打ったか不明な対象者は早めの検査をおすすめします。