インフルエンザとコロナウイルスについて

インフルエンザに関しては、医師会からの近隣小中学校の学級閉鎖の連絡でAの他にBでの報告が最近来て以来、気を付けていましたが、当院でもインフルエンザBの患者様が発生しました。

身内にインフルエンザ患者がいる場合は、発熱後すぐにインフルエンザ陽性となる方もいますが、そうでない場合は熱出てからすぐには陽性になることが少ない状況です。

高齢者・基礎疾患がある方・妊娠中の方は早期の治療が必要ですが、普段から健康な方は、38℃以上の発熱がでてから、解熱剤を何回か飲んでも熱が下がらず24時間経過した段階でインフルエンザの検査を受けると1回で判断がつきます。

ただし発熱以外の症状によっては、溶連菌感染症の方や他の病気の方もいるので、心配であれば早期の受診をおすすめします。

コロナウイルスに関しては、武漢市から14日以内に帰国・入国した人あるいはこれらの人と接触した人で、咳や発熱などの疑わしい症状がある場合には、必ず医療機関を受診する前に、厚生労働省か最寄りの保健所に電話して指示を受けてください。

・厚生労働省 電話相談窓口 電話番号:03-3595-2285(受付時間:9〜21時)

・流山市在住の方は、松戸保健所が対応となります。

当院では電話問い合わせがあった場合に折り返しの電話(場合によっては数時間後になります)で詳細を聞いたうえで、該当保健所に問い合わせたうえでの適切な対応を取らせていただきます。

なお当院ではすぐの対応はできませんので、一刻も早くみてほしい方は他のクリニック・病院もしくは最寄りの保健所をあたってください。

コロナウイルス感染が心配で相談される方がいますが、手指あらい・マスクなどの一般的な予防と十分な睡眠などで免疫力を低下させないよう日頃から注意してください。インフルエンザや溶連菌といった簡易検査キットはないので、相談を受けても当院ではその場で感染しているかどうかの判断はできません。

コメント