体重に気を付けていきましょう。

コロナの流行により、在宅勤務の方が増えるなど、動くことが少なくなり、コロナ太りの方が多く見られています。7月15日から流山市成人健診が開始となります。体重が増えたり日常生活が乱れている方は、ぜひ受けて頂き、生活習慣の見直しを行っていきましょう。一般の健診にて生活習慣病で指摘された方も軽度であれば生活習慣の見直しで十分改善がみられます。当院では、毎日午前中に栄養士による栄養指導を行っており、食生活の見直しで改善する方も多くいますのでぜひ受診してみてください。

コロナ太りに気を付けましょう。

在宅勤務の方も多くなってきました。糖尿病など生活習慣病の方は、体重増加ととともに血糖値が悪化していることが多いです。可能であれば、毎日同じ時間に体重を図ってみて増えているようであれば注意してみましょう。

糖尿病の運動療法はウオーキング・ジョギング・サイクリングなどの有酸素運動の他にスクワット・ダンベル・腹筋などのレジスタンス運動も勧められていますので、外に出られない方は家の中で自分にあった運動をしていきましょう。またご年配の方は家の中でラジオ体操をやるなど体全体を動かすだけでも違います。日々健康に気を付けてもらい、風邪をひかないようにしましょう。

当院での対応について

コロナウイルスの流行により当院でも日本医師会の指示により、感染防御に必要なガウンが手に入らないため、インフルエンザの検査は行わないこととなりました。あわせて、咳・くしゃみを起こしてしまう溶連菌検査やのどの診察も中止としています。ご迷惑をおかけしますがご了承のほどよろしくお願いします。コロナウイルスを疑う症状がある場合は、最寄りの保健所や帰国者・接触者相談センターに電話をして頂き、その指示に従っていただければと思います。

インフルエンザとコロナウイルスについて

インフルエンザに関しては、医師会からの近隣小中学校の学級閉鎖の連絡でAの他にBでの報告が最近来て以来、気を付けていましたが、当院でもインフルエンザBの患者様が発生しました。

身内にインフルエンザ患者がいる場合は、発熱後すぐにインフルエンザ陽性となる方もいますが、そうでない場合は熱出てからすぐには陽性になることが少ない状況です。

高齢者・基礎疾患がある方・妊娠中の方は早期の治療が必要ですが、普段から健康な方は、38℃以上の発熱がでてから、解熱剤を何回か飲んでも熱が下がらず24時間経過した段階でインフルエンザの検査を受けると1回で判断がつきます。

ただし発熱以外の症状によっては、溶連菌感染症の方や他の病気の方もいるので、心配であれば早期の受診をおすすめします。

コロナウイルスに関しては、武漢市から14日以内に帰国・入国した人あるいはこれらの人と接触した人で、咳や発熱などの疑わしい症状がある場合には、必ず医療機関を受診する前に、厚生労働省か最寄りの保健所に電話して指示を受けてください。

・厚生労働省 電話相談窓口 電話番号:03-3595-2285(受付時間:9〜21時)

・流山市在住の方は、松戸保健所が対応となります。

当院では電話問い合わせがあった場合に折り返しの電話(場合によっては数時間後になります)で詳細を聞いたうえで、該当保健所に問い合わせたうえでの適切な対応を取らせていただきます。

なお当院ではすぐの対応はできませんので、一刻も早くみてほしい方は他のクリニック・病院もしくは最寄りの保健所をあたってください。

コロナウイルス感染が心配で相談される方がいますが、手指あらい・マスクなどの一般的な予防と十分な睡眠などで免疫力を低下させないよう日頃から注意してください。インフルエンザや溶連菌といった簡易検査キットはないので、相談を受けても当院ではその場で感染しているかどうかの判断はできません。

あけましておめでとうございます。

昨年10月のインフルエンザ予防接種開始頃から、来院して頂く方が多くなり、感謝しています。午前中は混雑するようになってきました。できるだけ待ち時間が生じないようにネット予約を調整していますが調整がうまくいかないこともあり、待ち時間が長くなりご迷惑をおかけしています。予約なしで来院の方は、空いている場合はすぐに診察しますが、予約がいっぱいの場合に間に入れて診察することはしないため、休み明けの午前診察開始時や土曜日の午前中は、混雑状況により、かなりの待ち時間となります。平日の午前12時以降と午後の診察は空いていて直接来院でも待ち時間が少なく対応できるため時間をずらしての来院をお願いします。

インフルエンザ予防接種終了しました。

おかげさまで本年度のインフルエンザ予防接種は終了となりました。多くの方に来院して頂き誠にありがとうございました。

今年は9月からインフルエンザが発生しておりましたが、ここ最近流行となっており、当院でも毎日5名程度のインフルエンザAの患者がでております。インフルエンザの検査は、できるのであれば熱がでてから24時間経ってからの検査をお勧めします。自分の接する周りや家族内にインフルエンザ患者がいる場合の発熱は早期に陽性がでたり、いろいろな病気を抱えている方はより早期の診断治療が必要ですので、状況によりインフルエンザの検査を行っております。

なお、インフルエンザの予防投薬(タミフル・イナビル)は全額自費となります。

インフルエンザ予防接種は残りわずかです。

インフルエンザ予防接種は残りわずかとなりました。来院して頂いた方はありがとうございます。11月末のキャンセル分を12月上旬に追加しておりますのでまだの方は予約をお願いします。今回小児の方には、流山市助成のワクチンを同時に受けて頂きありがとうございます。当院では、MRワクチン・水痘ワクチン・日本脳炎ワクチン・二種混合ワクチンを行っております。先日、四種混合ワクチンも開始しました。およそ1歳3か月以降で行うワクチンを行っております。ワクチンの在庫切れもあるので、できれば事前に電話で連絡をください。インフルエンザ予防接種のネット予約の際に備考欄に記載しても把握が困難なため、電話で連絡ください。

インフルエンザ予防接種について

今年度は9月からインフルエンザの患者さんがでたり学級閉鎖もあったことがあり、早期にインフルエンザ予防接種を受ける方が多くみられます。当クリニックでも今年は前倒しでインフルエンザ予防接種を行っております。問い合わせも多く受付事務での電話対応が困難となり、ご迷惑をおかけしています。来院患者様の対応を優先するため、今後も電話はつながりにくい状況が続きます。ぜひネット予約を活用してください。ネット予約も11月下旬の残りわずかとなっており、多くの予防接種希望の方の期待に沿えず申し訳ありません。

インフルエンザ予防接種について

インフルエンザ予防接種の予約を行っております。今年は9月上旬から流山市の小学校でインフルエンザによる学級閉鎖があった影響もあってからか、早期からインフルエンザ予防接種を希望される方が多く、10月7日〜10月20日の予約は終了となりました。10月22日〜11月2日の予約も残りわずかです。当初予定していた週初めの追加募集はかなり困難な状態となっております。今後もワクチンの入荷数に応じて予約を取ることとなり、ホームページやブログで情報を更新していきます。

インフルエンザAとBが1名ずつ出ました。

インフルエンザ予防接種のシーズン前からインフルエンザの方が出ました。小児がBで若い成人はAでした。どちらもまわりにインフルエンザの診断がついた方が近くにいる状況でした。流山市の学校の一部ではやりだしているようです。手洗いうがいをしっかりやって、発熱関節痛があれば早めに受診しましょう。